どうも

ヒデヤンです!

アゴアニキP主催のイベント

「西日が強い2010」はすごい人でみんな暖かくて すごく気持ちよく演奏させて頂きました。参加したえっちPバンドの皆様、そして競演させて頂いた皆様、関係者の皆様、御来場くださったお客さん

ありがとございました。

アニキ、ニーハオ又飲みいこうね~

ほっと一息できるわけもなく次のライブは31日レギュラーで参加させて頂いている Monkey5と今月頭にサポートさせてもらったK-106、来月は頭からカルメラもサポートさせて頂きます。

サポートながら1回1回全力投球で胸を借りたいと思います。

その他ライブ日程って事でとりあえずライブ情報あげておきます。

10/31  ClubStomp Concert vol.3 *Monkey5

11/2  京都外国語大学 京都外国語大学文化祭 *k-106サポート

11/2 京都メトロ パンチラインズ presents LUV&MANI 59回目・12.5周年デラックス! *Monkey5

11/6  神奈川・横浜JAZZ SPOT DOLPHY bohemianvoodoo×カルメラ *カルメラサポート

11/12  CELLBLOCK FM802 MINAMI WHEEL 2010 Extra Edition *カルメラサポート

11/13 大阪MUSE Street Style Music PJオールスターズ&JUNGLE BEAT VAMPIRES サポート 

色々なバンドの方に呼ばれ、演奏させてもらってほんと大変光栄です。

せっかくなので全てのバンドで楽しんでいきたいと思います。

とりあえず前半はこんな感じの予定です。

いきなり寒くなったので体調管理だけはしっかり行おうと思います。

さー全力投球で今年を乗りきろっと

All children, except one, grow up. They soon know that they will grow up, and the way Wendy knew was this. One day when she was two years old she was playing in a garden, and she plucked another flower and ran with it to her mother. I suppose she must have looked rather delightful, for Mrs. Darling put her hand to her heart and cried, “Oh, why can’t you remain like this for ever!” This was all that passed between them on the subject, but henceforth Wendy knew that she must grow up. You always know after you are two. Two is the beginning of the end.

Read more Post Format: Standard はコメントを受け付けていません。

どうも

ヒデヤンです!

書いたままあげるの忘れてた。

先日のPLUG周年のK-106ライブサポートも暖かいお客さん達のおかげで むちゃ盛り上がって、無事終了。有難うございました。

そしてバンドとは、別行動で一人残り前田家へ帰り(ヨッシーサンキュー)、 次の日の朝から、一人で電車を乗り換えて渋谷にあるSleekEliteにお邪魔してきました。

SleekElite代表の広瀬さんには、F-bassの製作時から非常にお世話になってて 現在使ってるFodera弦を輸入する際などなど、33インチ弦の相談や なにかとすごくお世話になってまして、

そして今回SleekEliteに足を運んだ目的は、PLEKで調整してもらう為でして

PLEKとは・・・ >>CATALOG>>PLEKでご覧頂けます。

Concept of SLEEK ELITE

ライブ以外での今回の東京での楽しみってやつです。

到着後、広瀬さんに丁寧に色々と説明してもらい。

○ベースのフレットの減り具合 ○ネックの状態 ○楽器の特性 ○どういう風に弦を弾くか?

などから

○弦高さを何処まで下げれるか? ○下げた状態でのシュミレート ○弦がビビるポイント

なども細かく解かります。

そして楽器のチェックの終了後、全て数値として叩きだされ パソコンの中に、ログとして残しておく事が可能となっていて、 次回からのメンテナンスに出す際は、そのログと見合わせる事も可能。

一言で言えば、楽器版MRIみたいな感じ

フレットの擦り合わせとナットの調整、弦高などなど

僕の楽器の方も無事デッドポイントもなくなり恐ろしく 弾きやすくなりました。

そしてその日にもって帰ることが可能っていうのも非常に すごい!

又東京に行く際には、お邪魔させて貰おうと思います。

そして次回はSadowskyを持っていこうと考えてます。

にしても便利な世の中になったな~ほんと…

*写真> PLEKにて愛器を診断中